Project

Profile

Help

Blog

Planio Support (ja - 日本語): 作業時間の入力、ファイルとチケット編集機能を改善

Added by Keiko Fukuda 2 months ago

Planioのいくつかの機能を改善しました。この改善が皆様にとって役立つものになると嬉しく思います。

1つ目の改善点は、特定のユーザーが他のユーザーの作業時間の記録できるようになったことです。
作業時間の編集や、CSVインポート機能で作業時間をインポートするときにも利用できます。
他のユーザーのために時間を記録する機能は、新しい権限として追加されています。許可を必要とするユーザーのロールで、この権限を有効に設定してください。

次に紹介するのは、ファイルモジュールでチケット単位でのファイルグループ化を解除できるようになったことです。
ファイルのサイズ・作成日、その他の属性によるファイルのフィルタリングやソートも可能となりました。 なお、ファイルの閲覧・管理の可否はユーザーの持つ権限によって異なります。

最後の改善点の紹介です。
チケットのコメントの表示順を「新しい順」に設定した際、コメント入力欄がチケットの説明とコメントの履歴の間に配置されるようになりました。
最新のコメントを確認しながらコメントを入力できるようになり、使い勝手が大幅に改善されたことを実感できると思います。

これらの改善により、皆様にとってPlanioの利用がより生産的になることを願っています。そしてフィードバックもぜひお待ちしています。
もしこれらの新機能やPlanioについてご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。


Comments

Planio Support (english): Time entries, Files and Issue Edit updates

Feature update
Added by Felix Schäfer 2 months ago

We are pleased to announce a few improvements and refinements to Planio across the board, we hope many of you will find something useful in this update!

First of all you can now allow certain users to log time for other users. This is possible when logging time, when editing logged time and even when importing time logs via a CSV import. The ability to log time for other users is subject to a new permission, please make sure to activate this permission for users requiring it.

Author selection menu for a new time log

Furthermore you can now remove the grouping by container in the Files section, sort files by size, creation date and other attributes and filter files by their names. The visibility of files and attachments is as always limited by the permissions of the current user.

Files with filter and sorting without container grouping

Last but not least, users who prefer the reverse chronological order for issue comments, i.e. the newest comments are at the top of the issue history, will find the usage of this mode much improved. Everything needed to edit the current issue and add a new comment is now located near the newest comment, i.e. the menu and edit form will now be located between the issue description and issue history when using the reverse chronological order for issue comments.

We hope these improvements will make using Planio more productive for everyone and would love to hear your feedback. If you have any questions regarding those new features or anything Planio related please get in touch.

Planio Support (ja - 日本語): ガントチャートとカレンダーでコンテキストメニューが使えるようになりました

Added by Keiko Fukuda 4 months ago

Planioはインフラストラクチャーやバックエンドの業務に重点を置くと同時に、お客様に簡単に、より良くPlanioを使っていただけるよう改善も進めています。

多くのお客様はチケット一覧や関連するチケットでのコンテキストメニューをご存知だと思います。(もしご存知ない方は、チケット一覧画面でチケットを右クリックして試してみてください)
コンテキストメニューをガントチャートとカレンダーページでも利用できるようになりました。ガントチャートではプログレスバーの上でもコンテキストメニューを表示できます。
これによりガントチャートやカレンダーページを離れることなく、チケットに小さな変更を加えることができ、プロジェクトの迅速なイテレーションが可能になります。

この機能追加によって、Planioより良く使っていただけると確信しています。そして私たちは皆様からのフィードバックもお待ちしています。
今回ご紹介した新機能やPlanioに関して質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Planio Support (english): Issue context menu on Gantt charts and calendars

Feature update
Added by Felix Schäfer 4 months ago

While we're currently more focused on infrastructure and backend work we are still trying to make Planio better and easier for your everyday use.

Many of you already know the issue context menu from the issue query lists and the subtasks and related issues lists (if don't know the issue context menu, go right-click on a row in the issue list to try it out!). We have now extended its availability to the Gantt charts (in the left-hand issue list but also on the issue progress bars of the Gantt chart) and the calendar pages. You can now make small changes to issues in the Gantt chart or calendar pages without leaving those pages, which will enable quicker iteration of your project plans.

Issue context menu on the Planio Gantt chart

We're sure all users of the Planio Gantt charts and Planio calendar will find their experience improved by those changes and would love to hear your feedback. If you have any questions regarding those new features or anything Planio related please get in touch.

Planio Support (ja - 日本語): GitHubやBitbucketとの接続方法を改善

Added by Yukiko Ishihara 6 months ago

外部のGitリポジトリは、ミラーリングされたリポジトリやウェブフックを使ってPlanioと接続することができます。今回のアップデートでは、プロセスが合理化され、GitHubやBitbucketのリポジトリとPlanioを数回クリックするだけで接続できるようになりました。

手順は以下の通りです。

プロジェクト設定の「リポジトリ」タブで、既存のリポジトリの上に、GithubとBitbucketのリポジトリを接続するための2つのリンク「Connect GitHub repositories」「Connect Bitbucket repositories」があります。これらのリンクのいずれかをクリックすると、プロバイダから接続する可能性のあるリポジトリのリストが表示されます。

各リポジトリには、 Connect to Planio ボタンがあり、Planioプロジェクトにミラーリングされたリポジトリをセットアップします。リポジトリを同期させるために必要なウェブフックやデプロイキーは、自動的に設定されます。

最初にBitbucketやGitHubに接続しようとすると、プロバイダにサインインするか、またはPlanioにリポジトリへのアクセス許可を与えるかを求められますのでご注意ください。

Planio Support (ja - 日本語): HostedRedmineがPlanioに加わりました

Added by Keiko Fukuda 6 months ago

10月2日、最も歴史のあるRedmineホスティングプロバイダである「HostedRedmine.com」がPlanioに加わりました。

これはすべてのHostedRedmine.comユーザーにとって良いお知らせです。

すべてのRedmineプロジェクトがシームレスにPlanioに移行し、Planioの機能を無料で利用できるようになります。

HostedRedmine.comはPlanioのプラットフォーム上に移動しました。URLだけでなくログインID・パスワードも変わりません。
すべてのユーザーはこれまでと同じようにログインしてRedmineを利用できます。 新しいインターフェースに切り替わるだけです。さらに全てのプロジェクトで新機能を利用できます。
モジュールタブをチェックしてみてください!

HostedRedmine.comでSubversionを使用していた場合

Planioには、無料のGitとSubversionリポジトリが付属しています。サードパーティーのSubversionホスティングプロバイダはもう必要ありません。
ただし、Planioでは外部でホストされているSubversionリポジトリに接続することはできません。

しかし、外部でホストしているSubversionリポジトリをPlanioに移行することは可能です。シームレスに移行できるように、Planioでは無料のSVNインポーターを構築しました。
このインポーターを利用すれば、ワンクリックでPlanioに外部でホストされているSubversionリポジトリをPlanioに移行でき、これまでと同じように利用することができます。

このインポーターはご利用のプロジェクトのリポジトリで利用できます。

Planio Support (english): Improved GitHub and Bitbucket integration

Feature Update
Added by Jens Krämer 6 months ago

External Git repositories could be integrated with Planio by means of mirrored repositories and web hooks for a long time already. A recent update now streamlines the process and makes connecting repositories on GitHub and Bitbucket with Planio a matter of just a few clicks.

Here's how it works:

In the project settings' Repositories tab, above your existing repositories, you find two links for connecting Github and Bitbucket repositories. Clicking on either of these links will load a list of potential repositories to connect from the provider.

For each repository there is a Connect to Planio button which will set up the mirrored repository in your Planio project. Any web hooks and deploy keys necessary to keey the repositories in sync will be set up automatically for you.

Please note that the first time you attempt to connect with either Bitbucket or GitHub, you will be prompted to sign in with the provider and / or give Planio permission to access your repositories.

Planio Support (ja - 日本語): PlanioはOAuth2に対応しました

Added by Yukiko Ishihara 6 months ago

PlanioにはREST APIが付属しています。APIを使用するには、APIキーを生成し、それを使用して承認されたAPI呼び出しを行う必要があります。

これは比較的簡単に操作できる反面、いくつかの欠点があります。

  • 各APIキーは一つのユーザーに結び付けられているため、アプリケーションがPlanioと連携する際には、常にこのユーザーとしてアクセスすることになります。
  • アプリケーションのアクセスを制限する方法がありません。APIキーは常にそのユーザーに付与された権限を持ちます。

OAuth 2では、アプリケーションを特定のスコープに制限するメカニズムが導入されています。さらに、アプリケーションがユーザーに代わって操作する前に、ユーザーがアプリケーションに明示的にアクセスを許可する必要があります。その際、アプリケーションがどのようなデータにアクセスできるのか、スコープについての情報が提供されます。同様に、ユーザーはいつでもこの決定を元に戻して、アプリケーションへのアクセスを取り消すことができます。

PlanioはOAuth 2に対応しました。OAuth 2でのPlanioのAPIの使用方法の詳細については、ガイドAPIドキュメントをご覧ください。

Planio Support (english): HostedRedmine joins Planio

Added by Jan Schulz-Hofen 7 months ago

Today, HostedRedmine.com, the first and oldest free Redmine Hosting provider joins Planio.

The good news for all HostedRedmine.com users: All Redmine projects will transition seamlessly to Planio and all existing users get access to Planio features for free.

HostedRedmine.com has moved to the Planio platform. The URL as well as all logins and passwords remained the same. All users will be able to login and use Redmine just as before. They have simply been switched to the new user interface and all projects will get access to the new features. Check out the Apps tab!

Planio Apps

If you have been using Subversion at HostedRedmine.com

Planio comes with free hosted Git and Subversion repositories. You won't need a third party Subversion hosting provider anymore. However, Planio cannot connect to externally hosted SVN repos.

But you can migrate your external SVN repos to Planio! To make this seamless for you, we have built a free SVN importer. The importer lets you migrate your externally hosted Subversion to Planio in one click and keep using it just as before.

The importer is available in the Repository section in your projects.

Planio Support (english): Integrate with Planio using OAuth2

Feature Update
Added by Jens Krämer 7 months ago

As you might know, Planio comes with a powerful REST API which covers almost all aspects of Planio. If you were working with the API before, you know that in order to use it, you had to generate an API key and use that to make authorized API calls.

This approach, while relatively easy to work with, has a few drawbacks:

  • Each API key is tied to a single user account, meaning that your application will always act as this user when interacting with Planio.
  • There is no way to restrict what an application can do - an API key always grants it's user the same set of permissions that the user it belongs to has.

OAuth 2 introduces a mechanism to restrict applications to a certain scope. Further, users need to explicitly grant access to an application before it may act on their behalf. When doing so, they will be informed about the scope, that is, what data the application is going to have access to. In the same way, a user may later decide to revert this decision and revoke access for an application at any time.

Starting today, Planio now supports OAuth 2. Check out our Guide and the API Documentation to learn more about using Planio's API with OAuth 2.

Authorizing an OAuth 2 Application

(1-10/90)

Also available in: Atom