Project

Profile

Help

Blog

Planio Support (ja - 日本語): Subversion Commit Hooks のアップデート

Added by Keiko Fukuda 3 months ago

以前お知らせ したように、私たちはリポジトリのフック機能の開発を続けています。 私たちは、既存のSubversion pre-commit webhooks を新しいUIに移行し、2つの新しいフック・タイプを導入しました。

  • Require valid ticket reference は、既存のPlanioのチケットを参照していないコミットを拒否するpre-commit hookです。これは、チケットと関連するコミットの相互参照が完全であり、「迷子」のコミットがないことを保証する素晴らしい方法です。
  • Insert ticket subject は、参照されたPlanioのチケットの題名をコミットメッセージに挿入するpost-commit hookです。入力の手間を省くと同時にコミットメッセージをより有益なものにできます。

これらのフックの使用方法の詳細は、ガイド をご覧ください。


Comments

Planio Support (ja - 日本語): 特定のグループユーザーに二要素認証の使用を強制

Added by Shengnan Lyu 4 months ago

二要素認証の設定に関して、新たな設定オプションが追加され、より多くのオプションを利用できるようになりました。
これまで二要素認証の設定は、ユーザーに任意で二要素認証を有効にさせるか、すべてのユーザーに対して二要素認証を必須にするかでした。

新着情報
追加された設定オプションにより、すべてのユーザーを任意で二要素認証を有効にさせると同時に、指定した一部のユーザー(例えばアカウントの管理者など重要な権限を持つグループ)に対して二要素認証の使用を強制する設定が可能になりました。

グループユーザーに二要素認証の使用を強制する方法

  1. 画面右上の「アカウント名(アバター)」→「管理」→「設定」→「認証」 で二要素認証が任意に設定されていることを確認します。
  2. 「管理」→「グループ」に移動します。編集したいグループの名前をクリックするか、新しいグループを作成します。
  3. 「全般」で[Require two factor authentication] ボックスにチェックを入れます。
  4. 「保存」(新しくグループを作成する場合は「作成」)をクリックします。

指定したグループユーザーがまだ二要素認証の設定を完了していなければ、次回ログインする際、二要素認証の設定が要求されます。

Planio Support (english): Update on Subversion Commit Hooks

Feature update
Added by Jens Krämer 4 months ago

As announced before, we've continued to work on our repository hooks feature.

We have now moved the already existing SVN post-commit web hooks over to the new Repository Hooks UI, and introduced two new hook types:

  • Require valid ticket reference is a pre-commit hook which will reject commits that do not reference an existing Planio issue. This is a great way to ensure your cross references between issues and related commits are complete and that there are no "stray" commits.
  • Insert ticket subject is a post-commit hook which will extend such references to Planio issues with their subject, saving you typing work and making commit messages more informative at the same time.

You can find more information on how to use those hooks in our guide.

Planio Support (english): Require Two-Factor Authentication for Specific User Groups

Feature update
Added by Jens Krämer 4 months ago

We're happy to announce this new feature which gives you more options when it comes to configuring Two-Factor Authentication (2FA) for your organization.

What's new?

2FA has been present in Planio for quite some time now. Until now, you could enable it in two steps - as an optional feature, leaving it up to users whether they activate it for their account or not, or as a requirement for all users.

We're now introducing a middle ground, allowing you to enable 2FA as an option for all users, while enforcing its use for selected groups of users (i.e., administrative / management users) at the same time.

How to Enforce 2FA for a Group of Users

  1. Make sure Two-factor authentication is set to optional under your avatarAdministrationSettingsAuthentication.
  2. Navigate to AdministrationGroups. Click on the name of the group you want to edit or create a new one for this purpose.
  3. In the General tab, tick the Require two factor authentication box.
  4. Add users to your group if you just created it, and save your changes.

When users of the group you just configured next sign in, they will be required to set up 2FA, if they haven't already.

Planio Support (ja - 日本語): リポジトリのCommit Hooks

Added by Yukiko Ishihara 9 months ago

現在、PlanioはリポジトリのCommit Hooksを開発中で、徐々に展開しています。

Planioではpre-commit webhooksはSubversionリポジトリで利用可能です。プロジェクトマネージャーは、例えば特定のコミットメッセージ形式を強制したり、Subversionリポジトリの特定の部分のコミット権限を制限したり、その他のカスタムルールを強制することで、プロジェクト内の各リポジトリのコミットライフサイクルに影響を与えることができます。

これらのフックの使用方法の詳細については、ガイド を参照してください。

今後、フックの種類を増やし、この機能をGitリポジトリに拡張していく予定です。

Planio Support (english): Repository Commit Hooks

Feature update
Added by Felix Schäfer 9 months ago

We are currently developing and slowly rolling out commit hooks for repositories on Planio.

Initially, pre-commit webhooks are available for Subversion repositories. Project managers can influence the commit life cycles of each repository in a project, by for example enforcing a certain commit message format, limiting commit rights for certain portions of the subversion repository, or by enforcing other custom rules.

You can find more information on how to use those hooks in our guide.

We will add more hook types and extend this functionality to Git repositories in the future.

Planio Support (ja - 日本語): Planio Help Deskでメールの不達通知を受信できるようになりました

Added by Keiko Fukuda about 1 year ago

Planioの Help Desk 機能 を使用すると、顧客や関係者など外部の連絡先にPlanioのチケットから直接メールを送信してやり取りができます。

しかしながら、送信先のメールアカウントが無効になっている場合や、メールのストレージ容量が上限に達している時など、Planioからのメールが届かないことが時々起こります。
その際、メールサーバが自動的にメール不達通知を送信元に返すことがあります。これは、バウンスメールとも呼ばれ、メールが配信できなかったことを通知するものです。

今まで、Planioではバウンスメールのような自動通知メールでチケットがあふれるのを避けるため、これらの通知を除外していました。

しかし、時としてこれらの通知が役に立つこともあります。 顧客や外部の関係者がメールを受信していないことが判れば、別のメールアドレスや電話など、別のチャネルで連絡を取ることができます。

これがPlanio Help Deskをインストールしているプロジェクトでバウンスメールなどの通知を受信できるようにした理由です。

Planioでこれらの通知をどのように処理するのか、 プロジェクトの「設定」→「Help Desk」タブ→「Issue status for bounce mails」 から、次のいずれかを設定できます。

  • デフォルトのステータス : 「Tracker for emails」に設定しているトラッカーのデフォルトのステータスでチケットを作成する
  • None, do not create issue :従来の動作を維持し、バウンスメールなどの通知によるチケットをまったく作成しないようにする
  • 任意のステータス :選択したステータスでチケットを作成する

Pro Tip:
「画面右上のアカウント名(アバター)」→「管理」→「チケットのステータス」 から、「バウンス」という新しいステータスを作成して、それを 「終了したチケット」 に設定します。そして、そのステータス「バウンス」をHelp Deskの設定「Issue status for bounce mails」で選択します。
この方法を行うと、チケット一覧で未完了のチケットとしてバウンスメールが表示されなくなります。(バウンスメールにより作成されたチケットはすぐにクローズされるため)
フィルタを設定すれば、必要に応じてバウンスメールをチェックすることもできます。

Planio Support (ja - 日本語): Gitリポジトリのヘッドブランチ名

Added by Yukiko Ishihara about 1 year ago

Gitのデフォルトブランチがmainに変更された ことを考慮し、Planioは新しく作成されたGitリポジトリのデフォルト(HEAD)ブランチの名前をmainに変更しました。この変更は新しく作成されたリポジトリにのみ影響し、古いバージョンのGitと互換性があるため、ユーザー側での操作は必要ありません。

今回の変更に伴い、Planioの既存リポジトリの head ブランチをmasterからmain(または他の既存のブランチ)へ変更できるようになりました。ユーザーはプロジェクトの 設定 → リポジトリ → 編集 から設定できます。

Planio Support (english): Delivering Non-Delivery Notifications for Planio Help Desk

Feature update
Added by Holger Just about 1 year ago

Using the Planio Help Desk Pro Feature, you can communicate with external contacts such as customers or external stakeholders via email directly from your Planio issues.

Sometimes however, emails can't be delivered to the final recipient, e.g. when the email account is no longer active or has reached its storage quota. In these cases, email servers sometimes send an automatic non-delivery notification back to the sender, also called a bounce message, informing them that the message could not be delivered.

Until now, Planio filtered out these types of notifications to avoid cluttering your issues with automatic responses.

Occasionally though, these notifications can be useful. Once you know a customer or external contact didn't receive your mail you can use a different communication channel to contact them, for example with an alternative email address, or even a plain old phone call.

This is why we have now made it possible to receive bounce emails in projects where you have the Planio Help Desk app installed.

To configure how Planio should handle these notifications, you can go to your projectSettingsHelp DeskIssue status for bounce mails. Here you can select either:

  • Default Status: to create an issue with the default status used by the tracker set in the field "Tracker for emails",
  • None, do not create issue: to keep the previous behavior and not create an issue at all,
  • Your Status: to create the issue and to set it to a custom status of your choosing.

Configure the status for bounce emails

Configure the status for bounce emails

Pro Tip: You could create a new status called Bounce via your avatarAdministrationIssue Statuses and set it up to be a closed status. Then, select this status in your project's Help Desk settings. This way, you'll never see bounces (because they're closed immediately), but you'll be able to check them on demand by filtering your issues by that status.

Planio Support (english): Head branch name in Git repositories

Feature update
Added by Felix Schäfer about 1 year ago

In light of efforts in the Git community to change the name of the default Git branch to main as well as to support more inclusive naming in the tech sector, Planio changed the name of the default (HEAD) branch for newly created Git repositories to main. Note that this change will only affect newly created repositories and is compatible with older Git versions, no action is required on your part.

Along with this change in the default head branch, Planio introduces the possibility to change the head branch of existing repositories. This means our customers can change from a master to a main (or any other existing branch) head branch now. Project managers will find this option in the project's SettingsRepositoriesEdit of the desired repository.

(1-10/115)

Also available in: Atom